しるしの魔術師

メモの魔力

自己分析がまだ済んでいない方のための「メモの魔力」

このブログでは人生の大きなテーマとなる「自分と向き合う」という話を過去何回か行ってきました。誰にとっても自分と向き合うことは欠かせず、「なぜ自己分析をする必要があるのか」から「自己分析をどのようにするのか」といったものまでお伝えすることで...
介護

介護から見る「個人」はこんなに違う?!

介護の仕事には「これだ!」という明確な答えが出ないものが多いです。その理由は仕事の対象が「個人」だからなのですが、おそらくこの「個人」の捉え方が通常の捉え方とは違うと思いますので、今回はその話をしていきます。 介護における「個人」 ...
介護

これから社会貢献を目指す人が考えるべき2つの問い

僕がここ数年でいろんな人と出会った中で「ゆくゆくは社会のために頑張りたい」「僕もナカさんみたいに社会貢献ができる仕事がしたい」というようなお話を伺いました。今回はこの「社会貢献」について、直接人を支える仕事をしている僕の視点をお話していき...
介護

介護組織における「記録」と「記憶」のちがい 

10を超える介護施設を見てきた中で、組織の運営方法には「記録」と「記憶」の二種類があるのだと感じました。それぞれにメリットとデメリットがあり、この二つのちがいは現場で働く職員一人ひとりだけでなく、組織を運営する側にも知ってもらいたい内容で...
介護

介護の送迎車から見える世界

今日は介護の送迎車から見える世界を書き連ねていきます。 介護での送迎ってどんな感じ? 車で街中を走っていると、時折「○○福祉会 △△の郷」というような組織名の入った車を見かけることがありませんか?これは高齢者介護ないし障害者福...
介護

コロナ禍で介護士として思うこと。

今回はこれまでとは趣向を変えて、今の時期に僕が感じていることを書き連ねていきます。今までの記事も合わせて読んでもらえると、よりイメージが付きやすいと思います。 介護の仕事ができるありがたさ まず感じているのは「介護の仕事ができ...
メモの魔力

僕は自己分析で「メモの魔力」のメモ術をお勧めする

「自分と向き合うことで『自分らしさ』を知り、自信をもって生きられる」前回の記事自分と向き合うべきただ一つの理由でお話ししたのは、自分らしく生きることが自分と向き合う意味だということでした。まだ読まれていない方はそちらを先に読まれると今回の...
HSP

HSPという祝福

前回はHSPについて、その概要をお話ししました。それだけでも随分長くなってしまったので、今回は僕とHSPの話をしていきます。 はじまりは2019年夏 僕は1980年生まれですが、自分がHSPだと認識したのは2019年の...
メモの魔力

しるしの魔術師

介護をする一方で、僕にはもう一つの側面があります。「介護で培った想いを紡ぐ」ことを信条とした『しるしの魔術師』という肩書です。今回はこの「しるしの魔術師」が何なのかについてお話していきます。「想い紡ぐ介護士」と「しるしの魔術師」を併せたも...
自己紹介

まずは自己紹介から

自己紹介 はじめまして、想い紡ぐ介護士のナカさんです。 普段は知的障害と身体障害を併せ持つ、重度心身障害者の生活介護事業所で生活支援員として働いています。   介護歴は約14年。 高齢者介護7年、障害者支援7...
タイトルとURLをコピーしました