まずは自己紹介から

自己紹介

自己紹介

はじめまして、想い紡ぐ介護士のナカさんです。

普段は知的障害と身体障害を併せ持つ、重度心身障害者の生活介護事業所で生活支援員として働いています。

 

介護歴は約14年。

高齢者介護7年、障害者支援7年と広く福祉の第一線に関わっていて、通所と入所のどちらも長く経験してきました。

 

働き方としては派遣社員から契約社員、正社員とさまざま。

仕事もお茶くみから食事・入浴・排泄介助やレクリエーションの作成、ハイエースでの送迎をしていたり、

一方でサービス提供責任者として訪問介護の契約や訪問介護計画書の作成、施設長の代理として施設見学の案内をしていた時期もありました。

最終的にはサービス提供の指導を行う立場にもなり、一時はケアマネージャーの資格も持っていました。

 

趣味は読書、ダイエット、メモなど。

 

読書はビジネス書や実用書などを月に3~4冊ほど読んでいます。

ビジネス書や実用書は介護とは関係ないように見えますが、介護現場で起きる問題を解決しようとしたら、これらは実に役立ちます。

 

ダイエットは20代前半から失敗続きでしたが、16年目にしてようやく成果が出せるようになりました。今ではピーク体重から15㎏の減量、腹囲も15㎝減少となっています。

 

メモはSHOWROOMの前田裕二さんの著書「メモの魔力」のメモ術をアレンジしたものを毎日ひとつ、InstagramなどのSNSに一年以上あげています。

ブログを始めようと思った理由

10年以上も介護のいろんな場面を見ていると、思うことがいろいろあります。

特に高齢者介護で人の最期を見届けるなかでその人の想いに何度も触れることとなりました。

「若い頃に無茶をしなければこんな事にはならなかった」
「どうしても想いを伝えられなかった」
「許されない事をしてしまい、償いもせずに逃げてしまった…」


そのような想いに日々寄り添う中で「こんな風に後悔する人を増やしたくない」と思うようになりました。

そして彼らの想い、生きた証(しるし)を言葉として紡いでいけば、これからを生きる人たちの人生を後悔から遠ざけられるのではないかと考えたのです。

 

なので、このブログでは介護で培った人々の想いを言葉として紡いでいこうと思います。

これから何をしていくか

「次の投稿から早速介護でのあれこれを…」と行きたいところなのですが、それよりも先に「僕自身がどんな介護士なのか」をお話ししたほうが伝わりやすいと思います。

 

今のところ僕は読まれる方にとって「どんな人かもよくわからない」介護士だと思いますので、生い立ちからこれまでを何回かに分けて投稿していきます。

そうしてこれまでの経緯を丁寧にお伝えしたほうが真実味をもって想いを紡ぐことができると思うのです。

 

介護の仕事をしながらじっくりやっていきたいと思いますので、これからよろしくお願いします。



「想い紡ぐ介護士、ナカさんのブログ」では皆さんのコメントをお待ちしています。
よかったらこの記事へのコメントや感想などをご記入ください。

またこの記事をTwitterやFacebookでシェアしていただけるととても嬉しいです。

下の「シェアする」のアイコンをクリックすると簡単にシェアできますので、
よかったら使ってみてください。


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました